撮影の流れ

全てのワークフローが「ディーバメソッド」のために。

受付のコンシェルジュからヘアメイク、カメラマンが全員協力してお客様のベストの1枚を追及します。そのシステムを私たちは「ディーバメソッド」と呼んでいます。スタッフ同士が互いに信頼していなければ出来ない撮影です。

標準的なヘアメイク付の撮影の流れをご覧下さい。

電話予約

電話予約受付

予約はお電話で。03-3827-3584まで、気軽にお問い合わせ下さい。

この時から「ディーバメソッド」は始まっています。何のための画像か、どのように使われる写真なのか、挑戦したいテイストやご希望等。そして衣装やアクセサリー、ヘアメイクのご相談なども含め、プレカウンセリングが開始されます。

ヘアメイクやカメラマンのご指名があればここでお伝え下さい。色々お聞きする点、煩わしいと思われるかもしれませんが、よりよい撮影をするための準備です。

ご来店

ご来店

地下鉄千代田線「千駄木」駅から徒歩約1分(アクセス参照)。ホームスタジオやアネックススタジオはいずれも、玄関で靴を脱いで上がります。

リラックスしていただくための、我が家にお客様をお迎えするスタイルです。申し訳ありませんが予め次のお客様の予約が決まっておりますので、なるべく時間厳守(on time)でお越し下さい。

なおキャンセル料金は一切いただいておりませんので、ご都合が悪くなった方はできるだけ早めに、変更やキャンセルのご連絡をお願いいたします。

カウンセリング

オファーシートに記入をしていただき、メイクや衣装、撮影の方向性を相談します。このシートに書かれたご希望は撮影終了までスタッフに共有されます。

この段階で大体の撮影の方向、撮影チームを確認します。

なお、撮影終了後に予定のある方は終了希望時間をお伝え下さい。

衣装合わせとヘアメイク

これらの情報は、まず担当するヘアメイクに引き継がれます。

ヘアメイクの間にさらに細かくご希望をうかがい、目的に適ったヘアメイクを、アドバイスを交えながら仕上げて行きます。

概ね1時間以上、ヘアメイク担当はお客様と接しますが、スタジオ☆ディーバはこの時間を大切に考えています。

気になる点、ご自分の希望や疑問点等はなんでもヘアメイクスタッフにご相談下さい。

撮影

撮影風景

いよいよ撮影です。カメラマンを交えて、ご希望のイメージや必要な写真についてもう一度確認をし、テスト撮影に進みます。ここでは、カメラマンの立場から、よりよい写真とするための、さらなる提案が行われます。ポーズやライティングが決定すると、そのライトや向きで最もきれいに写るよう、ヘアメイクスタッフがライト下の「仕上げメイク」に入ります。

このように万全の注意を傾けて撮影は進みます。スチール撮影として理想的な映像を追求する姿勢こそがディーバスタイルです。

納品

納品形態

CMやポスターなどで、当スタジオで画像調整をする場合を除き、撮影終了後直ちに、撮影し記録した全カットをお渡しいたします(フィルム撮影、デジタル撮影共通)。私たちの商品は写真ではなく、撮影やヘアメイクの技術であり、さらに美的センスそのものです。つまり写真を売って利益を得るシステムではなく、その意味でディーバは写真館ではなく撮影スタジオなのです。画像は何枚でもご自由に焼き増しをして使用して下さい。(ただし、著作権の発生する印刷物等に関してはご一報いただくかクレジットを入れていただく場合があります)。

以上が納品までの流れですが、さらに撮影後も画像についてのご相談、写真の使い方についてのご相談に応じています。

ここで私たちとお客様とのベストを尽くした撮影セッションが一旦完了し、私たちは、お客様のご健闘とご幸運を心からお祈りする事になります。

ご不明な点は何なりと電話でお尋ね下さい ⇒ 03-3827-3584(スタジオ☆ディーバ)